スポンサーリンク

東大再挑戦 モフモフがいる環境

予備校生

不安と葛藤 モフモフは予備校生の心を癒す純粋な存在

我が家には息子たちが産まれる前から猫たちがいた。

 

全員ストリートチルドレンね。

保護したり譲り受けたり。

 

息子にとって、モフモフがいる世界が日常の世界。

 

怒られて悲しい時、嫌なことがあった時、

何も言わずに寄り添ってくれる猫たちは息子にとって温かい家族。

 

今もずっと。

 

息子は1日に何回もモフモフたちにギュ~~💖する。

スリスリ💖する。

ナデナデ💖する。

そして、モフモフに話しかける。

いっつも笑いながら、楽しそうに話しかける。

時として遊ぶ💖。

👆多分、迷惑😅。

でも、😸💧許してる。

 

一浪の予備校生って、シンドイと思うんだ。

次回は手堅い判断をすると約束させられているし、

東大再挑戦を志しているけれど、

学力が昨年より向上しているけれど、不安は大きいよね。

 

願望・確実の選択は今年中に決めなくてはいけない。

 

あるだろう葛藤と不安、そんな心をモフモフたちは助けてくれる。

息子の情緒が比較的安定していて機嫌よく過ごしていられるのは、モフモフたちからの恩恵が大きい。

 

息子がモフモフのいる環境で生活していることが、心底、嬉しい。

偶然なんだけど、良かったね、

 

ピイ太郎・・・・。

息子の最愛の猫のピイ太郎は、昨年の10月20日に天国へ旅立った。

18歳。

ピイ太郎も息子が一番で、合格したら東京へ行ってしまう息子との別れは嫌だったんだよね。

東京大学受験 愛猫との別れ
模試から帰った息子に待っていたのは歩けないほどに弱っていた。流動食も水も飲み込めなくなっていた。でもその朝息子の部屋で目覚めた時はパッチリとした瞳で見つめてきた。良くなる、そんな希望を持てる瞳で。 ~ ピイ太郎のそばに...

 

あのね、ピイ太郎、

 

(;^ω^)あれから息子、もう1年いることになったよ。

ピイ太郎、会いたいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました