スポンサーリンク

息子と下の子/君は『仏』が何なのかを知っているか

下の子

下の子は気付いていない兄に教えてあげた筈だった

息子が珍しく早く帰ってきた日。

 

私は晩御飯の準備で忙しく、直ぐに勉強をサボる下の子は、私の目が届くリビングで勉強をしていた。帰宅して部屋に入ってきた息子を下の子が見つけ、ニッコリ笑ってこう言った。

下の子(・∀・)「お兄ぃ~、東大受験の外国語は英語で受験するの?」

息子(´・ω・)「そりゃそうだろ?」

(・∀・)「でもお兄、学校で仏教を習っていたでしょ?」

(´・ω・)「お?うん、習っていたけど」

(・∀・)「でも外国語は英語で受けるの?」

(´・ω・)「うん、だってそれしか習っていないし」

(・∀・)「でも学校で仏教を習っていたよね」

(´・ω・)「習っていたよ・・・・」

(・∀・)「それなのに英語で受けるんだ!」

( ˘•ω•˘ )「うん・・・・・」

何の会話をしてんの?私は二人の方を向いた。

すると下の子は「なら教えてやろう」って風でiPadの画面を指さしながら言った。

(*^▽^*)「ほらぁ~、ここにブツってあるじゃん!!」

息子((((;゚Д゚))))(!!こ、こいつ・・・・)

私(゚Д゚;)(ま、まさか・・・・)

 

仏をブツ、仏教と勘違いしているのか・・・・?

 

思わず参加。

(; ・`д・´)「下の子、仏って仏教だと言ってるの?仏ってフランスのことだよ!高校2年でしょ?高校2年なら誰でも知っているでしょ?」

(・∀・)💧「えっ、みんな知らない!」

嘘つけ、そして全国の高校2年生に謝れ。

(; ・`д・´)「息子は高2の時、もう知っていたよね!」

(*‘∀‘)💧「うん(アタリマエダヨォ)」

(; ・`д・´)「ほら、もっと言うと小学生でも5・6年生になれば知ってるよ」

(・∀・)💧「ないない!今の小学生知らない」

嘘つけ、そして全国の小学5・6年生に謝れ。

(´・ω・`)「大体、『問1 次の日本語を仏教語で訳せ』なんて試験問題あると思うか?答えられる?あ?」

(・∀・)「・・・・・」

(・∀・)「あ、あと韓国語とか中国語もある」

(´・ω・`)「あとドイツ語もね、って話逸らしてるだろ。何故、英語、ドイツ語、韓国語、中国語ときて仏教語ってなる?」

 

 

~翌日~

(´・ω・)「息子ぉ、下の子はヒンディー語とでも間違えたのかな」

(´・_・`)「だとしても、だ。仏教を習ったとしてもヒンディー語が出来るようにならんぞ

 

だな。だよな。

しかし、どこでこう真っ二つに分かれたんだ?息子と下の子。

幼い頃は二人とも、眩暈がするほど勉強の理解力ナッシング♪だったのになぁ、極端に真っ二つよねぇ。下の子よ、興味がないとやらない下の子よ、ま、やっと動き出そうとしているみだいだし。

けれど、

仏はフランスって知っておけぇ。ん?私が先に言っちゃったけど『独語』って下の子は何語だと思っていたんだろう。言わないで聞いてみれば良かったな。そうしたらまた、ひとつ増えるかも。

ネタが。

(ミートソースを作った翌朝のお弁当は簡単)

(そっち?そう、そっち)

コメント

タイトルとURLをコピーしました