スポンサーリンク

息子/駿台予備校高井隼人先生の授業を受けていたら突然理科の超難問題が解けるようになった

予備校生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘレンケラーさんのWater‼️じゃないけれど

息子(-_-;)💧「東大模試はいいと思う」

   

前回のマーク模試東大D判定が何を言う?から2日後に、今度は京大模試を息子は受けた。

(。・ω・。)✨『京大模試、出来たと思う」

何を根拠に?

(。・ω・。)「マーク模試は、やる気無くて勉強もあんまりしてなくて受けた」

うん、そうだったね。

(。・ω・。)「でも、駿台の教室での授業が始まって、直接受けるようになったら勉強進んで」

うん、そんな感じしたさ、錯覚?ってなったが。だけどね、皮膚感覚的に、息子の学力が伸びているように感じたさ。

(。・ω・。)「夏期講習を受けたら、苦手な古典も今日の京大模試でいけた」

          

 

( ゚д゚)「で、理科が❗️理科が❗️無茶苦茶出来るようになった‼️夏期講習の理科の予習をしていたら、いきなり❗️うわって、解けた

理科って割と得意だったじゃん。100点取った定期テストもあるし。今までだったら解けない問題なの?予習だから、理科の夏期講習を受ける前って事だよね。

(´・Д・)」「うん、予習。今までの僕だったら多分解けなかった。高井隼人先生の授業を受けていたら、それで解けるようになったんだと思う❗️」

へぇぇぇぇぇぇぇ。

30分後。

(*^▽^*)「お母さん♪」

なに?

(*^▽^*)「京大模試の採点をしたら、理科は80点以上あった。ホントは90点以上だけど間違ったかも💧。間違えちゃった」

ほえ?凄くない?

       

高井隼人先生とは?

続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました