スポンサーリンク

息子/受験のプロ中のプロである駿台予備校からの言葉は迷う心を決意に変える

予備校生

11月で全ての東大模試が終わった

息子が東大模試を受けることはもうない。

東大と名の付く試験は模試ではなく、3か月後の本番だけとなった。 

11月の東大模試の結果はまだ出ていないけれど、息子はまだ1度も東大合格のA判定をもらっていない。旧帝大のひとつである大阪大学が常にA判定でも、模試の結果が、ある国公立大学では首位のA判定であっても、第一希望である東大はC判定だったりして息子の最近の結果は振るわなかった。

 

阪大が常にA判定でも、B判定にならない東大。

京大はB判定なのに。

 

東大って、別物だ。

 

不安になっていたところ、駿台予備校から電話がかかってきた。

先日開催された保護者会で、私が記入していた質問に答えるためだった。

話によると、実は少し前に駿台の先生と息子で2者面談をしたらしい。

    

東大か、それとも常にA判定が出ている阪大を受験すればいいのか。

京大は問題の相性が良くないから避けたい。

 

そして、

駿台「息子さんは東大を受験したいという気持ちを、とても強く持っています」 

 

駿台「まだ前回受けた東大模試の結果は出ていませんが、その上で」

駿台「息子さんの学力と能力からいって、

東大を諦める必要は全くありません。

東大を挑戦するに充分な力があります」

 

( ;∀;)!!

 

普段から息子をよく見て下さっている

大学受験のプロ級のプロから、

今日こんな言葉を頂いた。

 

 

タイトルとURLをコピーしました