スポンサーリンク

息子/東大合格へと順調に進んでいる毎日

予備校生

心配なのはコロナによる緊急事態宣言だけ

息子は毎日機嫌よく駿台予備校に通っている。

 

夏期講習が午後からの日でも、午前9時過ぎには予備校に到着している。夏期講習が終わっても帰宅せずに、予備校の自習室で勉強をする。毎日、毎日、土曜も日曜も祝日も、駿台予備校が締まっていない限り通う。

 

無理して頑張っているようには、

全く見えない。

 

表情もいい。ハイレベルな授業を受けて、その上自習室で時間ギリギリまで難問に挑戦し、それから帰宅する人間とは思えない。よく笑って、美味しそうにゆっくりと食事をして、楽しそうに音楽を聴いたりYouTubeを視聴したり、そして猫たちと戯れる。

 

去年より断然余裕がある。

東大合格へと快調に進んでいる。

着々と学力が向上している。ただ、ひとつ。コロナ。また全国的に緊急事態宣言が発令されたら、と心配になる。息子が、これだけ穏やかに着実に東大合格へと進んでいる毎日を、止められたくはない。来月、9月はどうなるんだろうか。コロナによる重症者は少ないから大丈夫なのか。考えても仕方ないことを、順調に進む息子を見ながらフト思う。全国の受験生と条件は同じなんだけど。

 

もうすぐ8月の折り返し。

問題は国語。

 

東大合格が近づいている。

それは感じる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました