スポンサーリンク

能力が全く異なる息子と下の子 どっちも大変ね💧

下の子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

勉強の出発点では息子の方がヤバかった

2+3=5

分かった?飴が二つあるでしょ?ここに飴を三つ合わせたら、

いち、にぃ、さん、よん、ごっ♪。

ね、だから、2+3=5

分かった?

 

😀「うん♪」

 

2+3=5でしょ?じゃあ、

さん たす に は?

 

😦「え~と、はち?」

違う💧2+3=5でしょ?

😀「うん♪」

分かってるよね💧。

さん たす に は?

😦「きゅう?あ、ろく?」

 

_( _´ω`)_なぜだぁぁ💧

👆

ここまでは、息子も下の子も同じだった。

が、

息子はもっと酷く、小1の時にあった

「浦島太郎はごちそうを食べました」

(アンダーライン部分は強調して伝えてる)

「浦島太郎は何を食べましたか?」の問いに

息子は、

にく!にく?にく!さかな?

やっぱり

にくっ!!と答え、

「浦島太郎は玉手箱を開けました」

(アンダーライン部分は強調して伝えてる)

「浦島太郎は何を開けましたか?」には、

まほう😀と答えた。

 

絵は小学校に上がる頃になっても

👇 この程度で、

ひらがな読めない書けない。

小学校に入学する直前になっても

言葉が遅く何を言っているのか分からない。

周りのお友達よりも格段に遅れていた。

 

勉強の出発点こそ息子と同じだった下の子だけれど、

それ以外は『利発』な子供。

下の子の特徴のひとつである食い意地は

赤ん坊の頃から張っていた。

 

まだ下の子が3歳で息子が5歳の時に、

家族で美味しいと評判のラーメン屋さんへ行った。

5歳と3歳では、大人一人分の量を食べるのは無理だろうと、

注文は3人前にした。

 

お待たせしました♪とラーメンが三つ🍜🍜🍜

テーブルの上に置かれたのを、鋭い眼光で見ていた下の子が一言、

下の子3歳( ˘•ω•˘ )「お兄ぃのが、無いねぇ」

 

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

息子5歳(´・_・`)「うん」

 

瞬時に自分の分を確保して、兄の分を犠牲にする3歳の下の子💧。

すげぇぇぇぇぇぇ。

心底感心した。

 

下の子は一事が万事、強欲野獣で

本能がまだ強いであろう幼稚園のかけっこの時など、

よーい、で腕を広げ両隣の子を抑え、

どん!、で両隣の子を自分の腕で後ろに下げていた。

 

ヽ(^o^)丿わーい!!

      🎯1 等!!!

 

そんな子だった。

あんど、

下の子は小学校入学前にひらがなの読み書きは出来ていた。

 

男と女が逆じゃない?

 

勉強もこのままかと思いきや、逆方向に大きく分かれて行った

小学2年生までは、下の子の方が『成果』があった。

小1の漢字検定では満点に近い点数で合格し、

算数ドリルも意欲的にこなしていった。

 

息子の方と言えば、

めまいがする程の理解力のなさで、

教えるこちらの脳みそが疲労でスポンジになりそうな程だった。

ほぼ答えじゃない?まで教えても、

ドアホな答えばかり息子は返してきた。

 

~本気で何か、将来息子ひとりで生きていく技能を教えなければいけないかも~

~大事な息子が食べていけるようになる技術を、考えておかないと~

息子が成人になる前に、何とかしよう。

そう考えていた。

 

そんな息子をよそに、

下の子の眼光は相変わらず鋭く、欲しいものは欲しいと向上心も強かった。

 

下の子は勉強も凄く出来るようになるんじゃないか?

 

なるんじゃないか?ナルンジャナイカ?ナルンジャナイカ?・・・・。

 

下の子が3年生で、

はいっ!!消えたぁ♪

 

ここら辺から、

息子と下の子が進む勉強という名の道が、

大きく分かれて行った。

予想とは逆方向に。

息子は徐々に徐々に、

下の子は加速して、

 

いやぁぁぁぁ、

わからんもんですねぇ。

 

でもひとつ、

幼い頃から変わらないものがある。

 

息子のなんで?って位の自信のなさと、

下の子のなんでだよっ!って位の自信。

 

なんで💧?

なんでだよっ!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました