スポンサーリンク

東大受験日まであと35日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

センターまで数学の勉強は殆どしてなかった

「数学の勉強は殆どしていません。

苦手な国語や英語の勉強を重点に

勉強しています」

昨年末の三者面談の時に息子はこう言った。

 

「数学が得意なのは分かるが、

少しは数学も見直しとかやった方がいい」

息子の言葉を受けた先生から指導を受けた

けれど、

センター試験終了まで

数学の勉強はあまりしていなかったと思う。

理由として、

私がふと目にした息子の問題集や参考書の中に、

数学があった記憶がないから。

 

それでも一応父親に頼んで、

センター試験の数学の問題集は

買ってもらっていた。

だから、少しはやったのかな?

息子が依頼した

センター試験数学の問題集は↓こちらです。

これで世界史をやらなくても良くなった

二日間のセンター試験終了後、息子は父親に

「これで世界史をやらなくても良くなった」

と言ったらしい。

そうだね。

世界史にも時間を費やしていたもんね。

息子は私と一緒に移動する時などに、

英語の問題集や単語帳以外にも

よく世界史の本に目を通していた。

《世界史》

私はこの三文字を良く見た。

頑張ったね。

世界史は中間期末という

普段のテストでも点数は良かった。

本人も「世界史は好き」

下の子に言っていたらしい。

「そんなの覚えればいいじゃん」って。

(息子ぉ、世界史のカタカナって覚えにくくないの?)

好きな世界史だけど、

直前まで本を片手に記憶していた。

結果、それで良かった。

だって、

センター試験の世界史の点数は90%に届かなかったから。

点数としては息子の好きな世界史が、

一番悪かった。

余裕扱いしていたら、危なかったかも。

息子が取り組んでいた

センタ試験の問題集は(数学以外)

こちら↓です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました