スポンサーリンク

大晦日と正月三が日の日は暮れて

中学受験

正月三が日最終日もお弁当持参で学校へ

1月3日 お正月三が日の最終日であります。

昨日の晩御飯は、

お正月の三が日内♪ということもあって、

ちょいと贅沢な蟹の、蟹🦀しゃぶ💖

そしてお楽しみ😋

蟹雑炊・・・・、にしようと思ったけれど、

思う存分蟹🦀

(●^o^●)食べたので💦

お腹いっぱいぃぃ⁂⁂

雑炊までいかなかった。

満足。満足。

お正月のちょいと贅沢食事っていいね。

からの

一夜明け🌄、

今日も息子はお弁当を持参して登校した。

昨日と同じ少し遅い時間で。

~今日は昨日よりも、

 長くお布団にいられた。嬉し~

息子の表情はいつもの朝と同じ。

お正月気分真っ盛りの景色を通って学校へ行くのに、

日常の登校のような表情をして息子は家を出た。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学受験以来の年末年始

クリスマスも、

大晦日もお正月もない。

そんなのって中学受験以来だ。

でもあの時とは大きく違う。

あの頃の息子は、

中学受験を強く望んでいたのにも関わらず、

どこか他人事で、

現実として捉えていなくて、

《中学受験シュミレーションゲーム》

そんなゲームを体験しているみたいだった。

体験ゲームだから、

本気の勉強なんてやる筈もなかった。

宿題はスルーで誤魔化しを繰り返し、

挙句の果てには

進学塾に行っては仮病を訴え、

授業を受けずに別室で休んでから帰宅するという

「そこまで頭を使ってサボる技を考えるならば

同じ労力を使ってさぁ、勉強すれば?」

と訴えたくなるような状態だった。

私にどんなに怒られても怒られても

怒られても、

息子はサボる努力を怠らなかった。

(´-ω-`)「自分ホントに中学受験するのかな・・・・」

なんてことを、息子は受験日直前まで思っていた。

それなのに、

憧れの第一志望校と

いいな♪の第二希望校に落ちた時は、

肩を震わせて泣いていた。

私としては、

(´・ω・`)何を泣く、当り前だ。

としか思わなかったけれど。

今の息子は、

東京大学の受験に向かっている。

「東京大学を受験する」

「合格する」

表情はいつもの息子だけれど、

あの時とは全然違う意志を感じる。

自分のペースで、

けれど強い気持ちで

~掴み取りたい~。

だよね、息子。

コメント

タイトルとURLをコピーしました