スポンサーリンク

大学受験 小学校高学年2/2

小学生時代

ミラクル合格 浜学園S3

5年生まで成績は良い方ではあったけれど、

関西進学塾のトップに君臨する

【浜学園】✨にはまだ入塾出来ていなかった。

この頃になると、

中学受験は親子ともに本気になっていて、

目指すならば高いところ、

(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!ならば目指せ!

浜学園入塾!!になっていた。

只、

息子の場合私たちからの条件があった。

たとえ浜学園の入塾テストに合格しても

S3クラス以上でないと入塾させない、

というもの。

これが厳しい条件で、

このS3クラス以上というのは、

偏差値70以上の私立中学合格を目指すクラス

というしろもの。

入塾ラインを行ったり来たりの息子には、

高すぎるハードルに思えた。

それでも諦めず、

Z会をなんとなく続けつつ

他の参考書もこなしつつ

なんて続けていたら、

なんと、浜学園の入塾テストに

直前に解いていた問題集から

🙏💦問題が出ていた~。

合格🎯、

しかも

浜学園S3クラスにミラクル合格🎯✨。

ヽ(^o^)丿\(^o^)/!!

息子と一緒にハイタッチの大喜び。

これが6年生の夏休み前のこと。

そのまま快調に進む筈たっだけれど、

息子のクラスの学級は崩壊し始めていて

以後、加速していった。

先生を潰すほどの学級崩壊

息子の6年生という月日は、

学級崩壊の中だった。

学級崩壊というものは全くの他人事

そう思っていた。

けれど、

実際に学級崩壊の渦中に入ってみると

とての陰湿で手に負えないものだった。

主導している子供たちの親も

子供を窘めることもなく、

担任や学校を

我が子の主張を鵜呑みにして

担任や学校を責めまくっていた。

そんな学校から帰宅する息子は

毎日薄黒い顔で帰ってきた。

親って何だろう

担任の先生を精神的に追い詰め潰し

それでも責め立てる親って何だろう。

最大級に思いやって対応しても

だからいけないんだ!

ウチの子供は泣いてましたよ!

何故、我が子の所為を見ないんだろう。

クラスを崩壊させている我が子を

何故見ることが出来ないんだろう。

息子のクラスでは

三分の一の生徒が中学受験を志し、

その大部分が第一希望には合格出来なかった。

もちろん

主犯格の生徒も含めて。

同じクラスだった生徒は

今も同級生と会いたがらない。

息子も含めて。

第一希望も第二希望も

合格出来なかった息子だけど、

幸いにも第三希望だった中学が

とても相性が良く、

一生の宝物となる友達と

一生大好きであろう諸先生方に出会えた。

結果よけれぼ全て良しだけど、

なるべくならば

良き思い出の

小学校最終学年で卒業させてあげたかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました