スポンサーリンク

大学受験一年前インフルエンザは陰性

息子は今日、休日診療へ行き再受診した。

昨晩39.1度あった熱は38.3度に下がったものの、

頭痛が酷く、かなり辛そうな様子。

昨日の受診時では、

インフルエンザの反応が出るには短い時間経過だったので、

今日再受診することで確実に判定してもらおうと思った。

念のために、今まで飲んでいた風邪薬を持たせて再検査したら、

結果はまさかの〝陰性″だった。

あまり風邪の症状がなく、

インフルエンザ特有の急激な体調の悪化などがあり、

私は、息子も絶対にインフルエンザに感染したと思っていたのに、です。

とりあえず、インフルエンザではなかったのは幸い。

陽性となったら、ほぼ一週間は学校に登校できない。

これは息子にとっての痛手なのです。

何故ならば、息子が通学している学校は授業だけでなく、

授業とは別の補習も実施されており、

そして、

家では勉強に身が入らない息子は、

学校の自習室が唯一、集中して勉強できる環境だから。

一週間授業も補習も受けられず、

集中して勉強できる自習室も活用できない。

息子にとって、かなりのロスになってしまう。

大して意思が強くもない息子の流れも止まる恐れがある。

良かった。

本番は来年だけれど、

高校2年の今、学校内ではもう既に緊張感は出てきているから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました