スポンサーリンク

息子の東大受験現役一浪連投の果てに敗れた結果になったのも意味がある気がする 1

大学受験

息子が高校1年の時に東京に連れて行った。

進学校に通い、トップクラスに在籍はしていたけれど「常にベスト5圏内」なんて成績でもなかった。トップクラスの真ん中より上なくらい?そんな息子がボソッと「東大に行きたい」と私に言った。息子が私に言ったからには、私が息子からその言葉を聞いたからには~全力で支えて応援するしかない~。

息子を東京に連れて行って、東京大学ってもんを見せたくなった。

息子の行きたい東京大学を。

思い立ったが吉日型の私。

出発は、私「明日だけど、行く?行かない?どうする?」

(いっつもそう、私っていっつも思い立ったが吉日)

普段は、急で強引な提案をする母親に戸惑う息子なのに「行く」って選択をした。高校一年生の息子。私が求める苦手な「即答」ってもんに「行く」って言った。もっと決断できないだろうなって思っていたけど、へぇぇぇ、「行く」って言った。

分かったよ。

行きたいんだね、

見たいんだね、

東京大学を。

 

これが、4年前の話。

コメント

タイトルとURLをコピーしました