スポンサーリンク

大学受験 言葉の遅い幼少期

2020年春に大学受験をする息子は、地方都市の進学校に通っている。

中学受験をして合格したこの学校を、息子はとても気に入っていて、

それが、難しいとされる思春期を穏やかに過ごしている原因だと思う。

とても有難い。

息子は幼い頃から利発とは縁が遠い子で、

言葉もかなり遅く小学校に入学しても尚、

言葉が出拙く、まともに喋れなかった。

それでも、母親の私から見たら、

言葉を覚えるよりも感じることに重点を置いているように感じた、

敢えて言葉を覚えさせる必要はないと思えた。

町の風景、景色、動物たち、電車、自動車、マンホール、

目に映る肌に感じる感覚を面白がって興味をもって、

楽しんでいるようだった。

他にも、同じ年頃の幼い子供たちとはあまり遊ぼうとせず、

友達と一緒にボールを追いかけるなんて微笑ましい遊びも、

息子は興味がわかないらしく、

頬を膨らませながら立ち尽くし参加しようとはしなかった。

母親としては、同年代のお友達と遊んで欲しくてヒヤヒヤと

したけれど、それでも、息子はなにか強い意志をもっているかのように

自分の心のままにしたいようだった。

早生れで、人からなめられやすい子供だった息子は、

今とても生き生きと毎日を過ごしている。

保健師の方から、

幼児の頃より何度も言葉の遅さを問う電話がかかってきたのに。

~ アインシュタインも6歳までまともに話せなかった。

もしかしたら私たちの息子は優秀なのかもしれない ~

その言葉を合言葉にして、息子の言葉の遅さに焦ることもなく

見守れたのは良かったと思う。

言葉の遅さは親にとって心配になることだけれど、

もしかしたらその子供は、言葉よりも感性を優先しているのかもしれない。

少なくとも、息子の場合はそうでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました